徳島市 つまえるHOUSE 3LDK+大収納 6棟  2017年11月竣工

延床面積1棟辺り 79.90㎡ 敷地面積6棟分トータル 1267.95㎡ 
大収納階面積  +19.60㎡
家賃設定  88,000円+駐車場2台込み

つまえるハウス ギャラリーへ

徳島市 M棟 SKIP HOUSE 16戸・1K+SKIP ROOM 2017年12月竣工

8戸×2棟=16戸になります。
延床面積1棟辺り 410.30㎡ 敷地面積1棟辺り 477.13㎡ 
専有面積 1F・2F 37.67㎡
家賃設定  1F53,000・2F 55,000円+駐車場5,000円

眉山を背に溶け込む色彩とシンプルなのに可愛らしさがあるデザインになりました。
共用階段が4戸と4戸の真ん中にあり、エントランスもセンターになります。
施主様の素晴らしいセンスで共用ローカの開口部分にロゴ入りのテントを設置しました。
 エントランス右側は共用階段の下を抜けて裏へ出られます。
A棟とB棟の間も裏へ抜けられるようになっており、こちらにはサイクルポートがそれぞれに備えられています。
先程のエントランスの共用階段を上がってみます。
 踊り場が見えてきました。
ゆったりと踊り場を設けた廻り階段になります。
2Fのローカです。テントのおかげで雨の日も濡れません。
エントランス横の1Fローカです。
それでは、お部屋をご案内します。
玄関ドア上部に見えているのは、キッチンフロア上部のスキップフロア階の窓です。
玄関には両サイドに収納があります。
入って右側にはカウンター式の下駄箱。カウンター上も使えて便利です。
左側には可動棚を備えた収納。少し高さのあるブーツなども対応しています。
ホール横にはロールスクリーンが降ろせる洗面脱衣室があります。
洗面化粧台W=750に洗濯機パンが並び上部には可動棚が備えられました。
こちらから、1坪サイズ1616のユニットバスにアクセスします。
キッチンはL=1800・2口IH+吊戸棚・カウンターは真っ白な人造大理石カウンターです。
壁に洋室下部を利用した収納棚があります。背面は水屋スペースとなります。
洗面脱衣室と反対側、左の扉がトイレで右の扉が洋室への階段上り口となります。
トイレの一面には、輸入クロスを採用しました。
右の扉を開けて洋室へスキップします。
洋室は全て角部屋です。採光も通風も断然いいです。
右下の扉から入ってきました。
一枚天井の大空間になります。
腰窓も高く天井に付けて、さらに右横に採光用のFIX窓を備えました。
さらに、スキップしていきます。
 この高さの感覚がスキップフロアの楽しさです。
 スキップルームにもH=1400のクローゼットがあります。
 棚+ハンガーパイプが備えられています。
 最上階のスキップルームからの眺めです。
 左側は吹き抜けています。
 掃き出し窓の前に脱着可能な部屋干しアイテムがあります。
 壁にはピクチャーレールがあり、S字フックを使うことで様々なものを吊るすことができます。
こちらは、バルコニー側の物干し金物です。
このお部屋の南側は眉山になります、好きな方おいでるのではないでしょうか。

阿南市 H棟 SKIP HOUSE 8戸・1K+SKIP ROOM 2017年6月竣工

延床面積 270.50㎡ 敷地面積 295.59㎡ 専有面積 1F・2F 26㎡
家賃設定  1F48,000・2F 50,000円
1Fと2Fのアプローチ入口になります。
階段室がローカと並行にゾーニングされています。
では、さっそく入ってみましょう。
玄関ホール右側にトイレ、左に収納があります。
見返したトイレ。
左側の扉が洋室へのスキップ階段入口になります。
玄関ホールから左、洗面と奥がユニットバスになります。
右奥に洗濯機パンがありますが、勾配天井になっています。
これは、洋室からスキップルームへ上がる階段の下部を利用しています。
このユニットバスサイズは、1116サイズとなっています。
コンパクトな間取りが可能になり、適正な広さも確保できます。
 洗濯機パン側から臨んでいます。
奥の扉は2枚引込戸で開口寸法が大きく取れます。
キッチンのサイズは1500。
ガッツリ自炊しない方にとって使いやすいレイアウトとなっています。
では、キッチン右横から洋室へスキップしていきましょう。
見えてきました、正面にはバルコニーを利用したクローゼットがあります。
掃き出し窓の向こう側はバルコニーです。
スキップしてきた階段を見返してみます。
奥の壁にアクセントクロスをあしらっています。
左がキッチンフロアへの階段、右がスキップルームへの階段ですね。
洋室から、さらにスキップします。
先ほどの洗濯機パンはこちらの下部になります。
奥の階段から上がってきました。
 スキップルームから洋室から降りる階段を見ています。
壁にはピクチャーレールが備えられます。
S字フックを利用すれば、かなりの量吊るすことができて壁もいたみません。
キッチンフロアへ降りましょう。
階段を降りる時は、このように見えます。
玄関収納上が使えるようカウンタータイプを採用しています。
後程、共用ローカ・共用階段とご紹介していきます。